同じ世帯年収で大きな差が生まれた
2つのご家族

ここで、同じような家族構成と世帯年収で、マイホームを手に入れた
2つのご家族の例をご紹介します。

豊かに毎日の暮らしを楽しむ
Aさんご家族

ご夫婦とお嬢様3人のAさんご一家。普段共働きで忙しいご夫婦ですが、週末は家族一緒にキャンプやレジャーを楽しんで過ごします。年に一度は、家族で旅行に出かけ、楽しい思い出もたくさん増えました。

節約しても不安の消えない
Bさんご家族

ご夫婦とお嬢様3人のBさんご一家。お子様はまだ小学校ですが、これから増えていく教育費を考えて、貯蓄のために節約の毎日。家族旅行に行きたいけれど、将来を考えると不安で思いきり楽しめません。

ご家族の未来に大きな差をもたらす
「家」という選択肢の違い。

じつは、Bさんは「通常の注文住宅」、 Aさんは「家賃収入を生む家」を購入していたのです。下のグラフは、2つの家族のライフシミュレーション。「住宅費=家」 の違いは、35年後の未来に驚くほどの差をもたらすことがわかります。

Bさん一家の場合

※実労働所得による貯蓄は含まれません。

Aさん一家の場合

※実労働所得による貯蓄は含まれません。

※住宅ローンをそれぞれ4,000万円借り入れた場合の試算(土地取得費用を含む)

Aさんがゆとりある暮らしを手に入れることができたのは、
オルタナティブハウス」を建て、家賃収入を得ていたからでした。

全く新しい賃貸併用型の住まい
「オルタナティブハウス」とは

いつかは、持家を建てたい!と言っているうちに、結婚して5年。 これから教育にお金がかかるので、家は半ばあきらめていたのですが、ダメモトでFPのライフシミュレーションを受けてみました。
結果、やはり普通の住宅 ならローン破綻と出て、がっかり。 ところが「家賃収入」を活かせば、 住宅ローンの返済ができるのはもちろん、 老後の生活費まで準備できる試算に!
オルタナティブハウスで夢だった持家が実現しました!

(神奈川県 30歳 会社員 男性)

10年後、20年後、さらに老後のことまで考えた時に、一生貸家に住み続けるのが良いのか、思い切って住宅 ローンを組んで持家に住むのが良いのか夫婦で悩んでいまし た。
FPの方からのご提案をいただき、そのどちらでもない「賢く稼 ぐ家を持つ」という考え方を初めて知ることができ、ぜひ検討したいと思いました。
こんな方法があるなんて、きっ かけが無ければ考えもしなかったと思います。

(埼玉県 33歳 会社員 女性)